• ホーム
  • 一戸建てを購入するならハウスメーカーに依頼しよう!

一戸建てを購入するならハウスメーカーに依頼しよう!

部屋を紹介している不動産スタッフ

新築一戸建てを購入する場合は既に建てられている物件を購入する建売住宅か、自分で入手した土地にオーダーメイドで家を建てる注文住宅のいずれかを選ぶことになります。建売住宅でも購入後に自由にリフォームやリノベーションを実施することは可能ですが、建築段階で間取りを自由に設計することができません。一戸建て住宅の持つメリットを最大限に生かして自分好みの住宅を手に入れたい方は、ハウスメーカーに注文住宅を依頼する方法がおすすめです。

注文住宅の建設を依頼する際に最初に行うべきことは、ハウスメーカーを選ぶことです。地元の個人経営の工務店も含めると、ハウスメーカーは無数といっていいほど存在します。それぞれの会社ごとに得意・不得意分野がはっきり分かれていて、家の特徴・グレード・オプション・強度・価格、などに大きな違いがあります。このため、ハウスメーカー選びは理想の家づくりの第一歩といえます。

ハウスメーカーを選ぶ際に重要な指標のひとつは、坪単価です。建物の外観や設備なども大切ですが、同じ規模の家を建てるのであれば建設費用が安い会社を選ぶ必要があるからです。限られた予算で理想の家を建てるためには、単位面積あたりの建設費用を比較して慎重に選ぶことが大切です。

ハウスメーカーを選ぶ方法ですが、最初に資料を取り寄せて会社の特徴や得意分野などを把握するようにしましょう。会社の特徴には、耐震性や強度・オプションの多さ・間取りの自由度・坪単価の安さ・断熱性や省エネ性能・バリアフリー設計・アフターサービス、などさまざまです。最初に自分が重視する項目をいくつか決めておいて、該当する会社をいくつかピックアップしてから最終的に決めることができます。注文住宅を購入する場合は、自分の理想とする家に合致するようなハウスメーカーに依頼をするようにしましょう。

ハウスメーカーが作成する資料にはメリットしか記されていませんが、会社には不得意分野やデメリットも存在します。インターネット上の口コミサイトを見れば、実際にマイホームの建設を依頼して居住している人の評価や感想を調べることができます。ハウスメーカーを選ぶ際は、第3者の立場でみた会社のメリットやデメリットも参考にするようにしましょう。

理想の家を手に入れるためには、長い時間をかけて慎重にハウスメーカーを選ぶことが大切です。各社のカタログやインターネット上の口コミサイトを調べる作業が面倒に感じるかもしれませんが、建てた後に失敗しないためには下準備が非常に大切です。